水素濃度で選んだ本当におすすめできる水素水ランキング
水素濃度で選んだ本当におすすめできる水素水ランキング

水素水濃度と抗酸化力で選んだホンモノの水素水10選

HOME » 人気の水素水徹底リサーチ【サーバー編】 » スイソス

スイソス

水道直結で水素水が飲み放題のスイソス。その特徴や口コミ評判などを紹介していきます。

毎日たくさんの飽和水素水を飲める!

基本情報 価格:本体693,000円(税込)/交換フィルター39,800円(税込)
タイプ:水道直結型
スイソス 画像
【引用元】
株式会社ヴァーコム公式HP
http://www.vercom.co.jp/sp.php?u_num=29
水素濃度 1.8ppm
酸化還元電位 -350mV~-500mV

スイソスの特徴

特徴1:飽和水素を測定するほどの水素濃度

これ以上入らない状態を飽和状態と言いますが、スイソスを分析すると「飽和水素」が測定されます。

つまり、これ以上含むことはできないレベルまで、水素を含んでいるということです。理論上の最高水素量です。

水素の量だけが特徴ではなく、その味にも定評があります。現在、ソムリエや料理人など、食に携わる人たちがスイソスを高く評価しています。あなたが知っている高級レストランの料理に利用されている水は、スイソスの水かもしれません。

特徴2:手軽にたくさんの水素水を生成可能

自宅の水道に接続するだけの簡単設計。いつも使っている水道水から、精製機のろ過装置を経由した水素水が作られます。

子供でも使えるほど簡単なシステムなので、家族の毎日の飲料水として手軽に飲むことができます。

また、水素水生成能力の高さも特徴で、1時間あたり40リットルペースでの水素水を作ることができます。家族全員が、いつでも飲みたいだけ水素水を飲める、贅沢な毎日を過ごすことができます。

特徴3:カートリッジ交換は年に1回のみ

スイソスを運転させるためにかかるランニングコストは、基本的に、年に1度のカートリッジ交換代のみです。厳密にいえば、あとは水道代と電気代くらいです。

また、内蔵された光センサーの働きで、夜になると運転が自動停止するため、電気代の節約にもなります。

スイソスの口コミ評判

全36アイテムを比較水素水濃度ランキング

濃度が高い水素水BEST3