水素濃度で選んだ本当におすすめできる水素水ランキング
水素濃度で選んだ本当におすすめできる水素水ランキング

水素水濃度と抗酸化力で選んだホンモノの水素水10選

HOME » 本物の水素水を選ぶ3つのポイント » 水素水濃度に注目

水素水濃度に注目

どれくらいの水素濃度なら水素水と呼べるのでしょうか?品質を自分の目で確かめるためにも、基準を知っておきましょう。

水素水の「水素濃度」は、どれくらいならOK?

水 画像水素水というくらいだから、少しでもたくさんの水素が含まれている水が良いのは、言うまでもありません。

でも、水素の濃度はどうすれば分かるのでしょう?体重や身長と同じように、何か測定するものがあるのでしょうか?あるとしたら、どんな単位で、どれくらい含有されていれば「良い水素水」と考えるべきなのでしょうか?

結論から言うと、水素水に含まれるべき適切な濃度は、0.6~1.6ppmと言われています。

とりあえず0.6ppmの水素が含まれていれば、商品名に「水素水」と冠していてもギリギリ許される範囲です。

容器の説明書きなどにppmが記載されていますので、よく確認してから購入してください(くれぐれも記載のないもの、または公式HPなどでppmが公表されていないものは買わないように!怪しい商品が多いので)。

また、~1.6ppmということは、1.6を超えると多すぎて体に悪い、ということなのでしょうか?

いえ、そんなことはありません。これは、常温・常圧のもとで水素は1.6ppmまでしか溶けないことが科学的に証明されたから。

これ以上水素は溶けませんよ、という飽和状態を指しています。

ところで、よくサプリ型やスティック型の水素水には、水素濃度2.6ppm、3.0ppmなどという具合に、1.6ppmを大きく超える数値が公表されていることがあります。

これらの数値は、決して嘘ではありません。

ただし、一時的な水素濃度ということになります。

たとえば、水素スティックをボトルの水に沈めてフタを閉じ、ブンブンと振った直後には、非常に高い水素濃度が検出されるでしょう。

そして、フタを開けて飲もうとした瞬間に水素は一気に抜けて、口に運ぶときにはすでに1.6ppmになっている。

1.6ppmが科学的に水素の飽和状態というのは、そういう意味です。

しかし近年、現代科学の進歩を背景に、この飽和状態を上回った状態で、長時間にわたり高い水素濃度を維持させることができるようになってきました。

ただしこうした特別な水素水は、国際特許レベルの特殊な製法で作られる必要があり、また、水素水の容器にも工夫がなされなければなりません。

かなりハイレベルな開発力・技術力を持ったメーカーに限定される製法です。

水素は、多く摂りすぎても体に害を及ぼすものではありません。

1.6ppmより高い濃度の水素水があるならば、ぜひそれを飲むほうが良いでしょう。この辺についての詳細については、このサイトの中で順次触れていきます。

【豆知識】水素水濃度を示すppmとppbは何が違うの?

さて、水素水に関心を持ったあなたは、これから様々な水素水を比較していくうえで、第一に水素濃度を見なければなりません。

水素濃度を確認していくと、単位が2つあることに気づきます。先ほど説明した「ppm」と、もう一つ「ppb」という単位です。

これらを混同すると、とんでもない比較をしてしまうことになるので、しっかりとここで押さえておいてください。

1ppmとは、1000ppbのことです。

1キロは1000グラムのことですが、それと同じです。何も難しくはありませんよね?

「お!この水素水、300ppbもある!ぜったい買いだ!」なんて勘違いしないようにしてください。300ppbとは、0.3ppmのことです。水素水としてはアウトな濃度です。

商品説明において、ppmとppbという表記を統一するような規則はありません。

正直、消費者は混同してしまいます。あえてその混同を狙っているような残念なメーカーもあります。

これだけ水素水がメジャーになってきた昨今ですから、単位の表示規制が行われる日が近いかも知れませんね。

『水素濃度』より『高濃度水素水』が良いの?

そもそも高濃度水素水の定義とは?

水素水には、「水素濃度」というものが設定されています。これはその水の中に含まれる水素の濃度のことで、単位はppm(パーツ・パー・ミリオン=parts per million)が使われます。

高濃度水素水とはその名の通り通常の水素水より水素量の多い水素水のことを言います。高濃度水素水の定義は「水素量が1.0~1.6ppmある水素水」となります。ただ現在水素水の濃度の基準に公的な定義はありません。あくまで市場における高濃度水素水の定義、と捉えておきましょう。

1.6ppm以上の水素量を持つ水素水が販売されていることもありますが、それは水素の気泡を水に混ぜた状態の水素濃度を表しているだけで、開封して外に出した瞬間水素は空気中に溶け出してしまい濃度は大きく下がります。そして最終的に水素量1.6ppm以下の水素水になってしまうのです。

『水素水』と『高濃度水素水』の違い

水素水と謳っている製品には、「水素水」と記載しているものもあれば、「高濃度水素水」と記載しているものもあります。この2つの違いは、ただ単に濃度が1.0ppmより高いか低いかというところにあります。水素量が1.0ppm以下の水は水素水、それ以上の水素量を持つ水素水は高濃度水素水となります。

これは水素水を販売しているメーカーの多くで統一されています。

『水素水』と『高濃度水素水』はどっちが良い?

水素水と高濃度水素水のどちらが良いかとなると、当然高濃度水素水のほうが良いです。高濃度水素水のほうが水素量が多く含まれているからです。

ただ前述した通り、常温・常圧のもとでは水素量は1.6ppm以上になることはないと分かっています。もし仮にそれ以上の水素量、例えば7.0ppmと謳っている高濃度水素水があったとしても、得られる効果にほとんど差はありません。

しかし圧力をかけて1.6ppm以上の水素量を閉じ込めることは現実的に可能なので、コップに注いだ後水素量が低下する前に飲めば、従来の水素水及び高濃度水素水よりも多く水素を摂取することができます。それを考えると、やはり通常の水素水よりも高濃度水素水のほうが高い効果を得やすい、ということが言えます。

高濃度水素水の飲用と水素吸引ならどっちが良い?

高濃度水素水と水素吸引の効果を比較

水素を体内に取り入れることを目的としたとき、水分(水素水)として飲んだほうが良いのか、それとも気体(水素ガス)として吸ったほうが良いのか、この問題は以前から議論されていました。と言うのも、「水素吸引であれば吸引した分の水素を十分に摂取できるが、これが水となった場合微量の水素しか摂取できない」と言われていたからです。

一見説得力があるように聞こえますが、近年それが覆されました。

ラットを使った実験によって、「水素水を飲んだときと水素ガスを吸わせたときを比較したとき、臓器へ到達する水素濃度はほとんど変わらない」ということが分かったのです。分かりやすく言うと、水素水でも十分に水素を摂取できるということです。

むしろ摂取の仕方や手軽さを考えれば、水素水による水素摂取のほうが何かと手軽と言えますよね。

コスパで比較!~高濃度水素水と水素吸引~

近年、水素吸引サロンや家庭用水素吸入器などが注目を集めるようになりました。実際全国各地に用サロンができるようになり、また自宅で簡単に水素を吸入できる家庭用水素吸入器も通販を中心に多くの製品が販売されています。

水素を体内に取り入れるという意味では水素水と同じ目的を持つこの2つの存在、コスパという部分を見たとき、水素水と比較した場合どちらが優れていると言えるのでしょうか。

サロンでの水素吸引の価格

ここでは、東京で人気のある水素吸入サロン3店舗の利用料金の平均を出していきます。

平均60分約4,200円

では次に家庭用水素吸入器の平均価格を見てみましょう。

家庭用水素吸入器の価格

家庭用水素吸入器に関しては、現在通販で販売されている人気のある製品を3つピックアップしました。

平均155,600円

水素吸入サロンの価格帯に比べ、製品による価格差が大きい傾向にあるようですね。では最後に水素水の価格帯を見ていきましょう。

水素水の価格

平均12,700円(1本あたり約423円)

水素吸入サロン、家庭用水素吸入器、そして水素水の価格帯を並べた結果、このような結果となりました。やはりサロンを中心に利用した場合、コスパ的に大きな負担となることが分かります。

家庭用水素吸入器と水素水を比較した場合、やはり価格帯の低さを考えれば水素水に軍配が上がります。長い目で見れば家庭用水素吸入器の利用もアリかもしれませんが、購入後簡単に機器を変更できないという懸念点があります。

水素吸入サロン、家庭用水素吸入器、水素水をコスパ面で比較したら、最も優れているのは水素水と言えるでしょう。水素水を選ぶときは水素量が豊富な高濃度水素水がオススメです!

全36アイテムを比較水素水濃度ランキング

濃度が高い水素水BEST3